【元美容師の口コミ】ジュレーム シュープリーム シャンプー(サテンスリーク)を使った5つの本音とは?

【@chokichoki_M】元美容師Mです。

今回はジュレームアミノ最高峰らしい『ジュレームアミノシュープリーム(サテンスリーク)』を実際に使った私の感想&本当に良質な成分が配合されているのか?!を全力で解説します!

ジュレームアミノって昔っからそうなんですが、最高ぅ!の成分と最悪!な成分が主成分になっているんですよねぇ・・

なので、判断が非常に難しいのですがあえてこのシャンプーじゃなくてもいいかな?っというのが私の結論です。

では一体どんな成分が配合され、どんな人向きのシャンプーなのか?!見ていきましょう!

~当ブログ人気記事はコチラ!~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

【2020】パーマが長持ちするシャンプーBEST5を元美容師が発表します!

【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST5はコレだ!

【全4種比較】無印良品シャンプーの選び方とは?元美容師が全部使って解説!

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 【成分解析】ジュレームアミノシュープリームシャンプー(サテンスリーク)の配合成分は優しい?

水、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、ココアンホ酢酸Na、グリセリン、アスパラギン酸、アマモエキス、エクトイン、グリコシルトレハロース、ハマナス花エキス、マルチトール、腐植土抽出物、BG、EDTA-2Na、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、エタノール、クエン酸、グリセリルグルコシド、ココイルグリシンK、ポリクオタニウム-10、ラウロイルメチルアラニンTEA、加水分解水添デンプン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

シャンプーを購入する際にずぇっったいにチェックするべきなのが口コミでは無く、”配合成分”

どんなに口コミが良くても、配合されている成分があなたの髪質にあっているとは限らないです。

1ヶ月、2ヶ月と長期的に使ったら髪質がどうなるのか?!を予測するには配合成分のチェックは必須。

当記事を読んでしまったからにはずぇったいに、配合成分をチェックするくせをつけましょう!

長期的な使用感⇛成分解析

短期的な使用感⇛口コミ、レビュー

洗浄成分

1、ココイルグルタミン酸TEA

キターーーー!私が大好きな成分の1つがコレ!

ジュレームアミノというだけあって、シャンプーで最も重要な洗浄成分のメインはしっかりアミノ酸系成分になっていますね。

しかも、アミノ酸系成分の中でもしっとり感が強くコンディショニング効果が高い『ココイルグルタミン酸TEA』がベース。

もう、この時点で市販シャンプーとしては、かなりレベル高いと言えます。笑 後述する成分さえ入っていなければ・・・

2、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

冒頭で最悪な成分といったのがコレぇ!!なぜ最悪なのか?

市販シャンプーなんかに昔っから配合される『ラウレス硫酸Na』と同等レベルに脱脂力が強く、刺激性に関してはラウレス硫酸系よりも更に強めな成分でもあるんです。

とにかく洗浄力が高い成分なので、単体で言えばダメージヘアや乾燥毛には全く向いて無く、めちゃゴワつきまくる成分でもあります(汗)

最近は「ラウレス硫酸不使用!」っと宣伝しておきながら、こっちのオレフィンスルホン酸を配合しているパターンが多いですね。

正直、この成分が配合されている時点で使い続けたいとは思えません。

3、コカミドプロピルベタイン

これは99%のシャンプーに配合されているベタイン系の成分。刺激性も洗浄力もマイルドだけど、どのシャンプーにも配合されているので、特に珍しいわけではないです。

アミノ酸系の優しい成分と、洗浄力が強いスルホン酸が配合されているので、足してちょうどバランスが良い!っとはなりません(汗)

スルホン酸はかなり洗浄力が高いので、マイルドな成分が配合されていたとしてもやはり強めになります。

絵の具で言うと白と黒を1対1で混ぜても、圧倒的に黒の方が目立ってしまうようなイメージ。

メイン成分がアミノ酸系なので、一発でゴワッゴワになる事はないと思いますが、うーん・・・

あえてスルホン酸が配合されているシャンプーを使うこともないかな。

その他の成分解析

ジュレームアミノの目玉成分とも言えるのが『エクトイン』というアミノ酸系成分。

保湿力が高い成分で、毛髪の保湿力&補修力が期待できる成分でもあります。

お肌の保湿力がアップする!という研究結果も出ているみたい↓

引用:http://matsumoto-trd.com/product/pdf/concept/e00.pdf

エクトインは水分を抱え込む力が強いので、これが配合されたクリームを塗布するとお肌の水分保持力がアップする!っと出ています。

しかぁぁあし!、これはあくまでもお肌の保湿力。毛髪が保湿されるわけじゃない!

っと思って調べまくったら、一応以下のように毛髪の強度を強化する!という結果も出ているみたいですね↓

各実施例の洗い流さないヘアトリートメントには本発明の毛髪強化剤の有効成分であるエクトインが含有されているため、毛髪強化効果、および感触に関するいずれの評価結果も優れる又は良好であった。特に実施例2〜14では、さらに窒素含有重合体が含有されているため、毛髪強化効果、および感触に関するいずれの評価結果も優れるであった。

~~~

このように、アミノ酸の中でもエクトインは、毛髪の強度増加率と共に強度持続率にも優れるという、従来技術にはない優れた毛髪強化効果を発揮することがわかる。
引用:生命科学関連特許情報

あくまでも洗い流さないトリートメントでの実験ではありますが、「毛髪の補修効果&手触り感向上に寄与する」という結果はある模様。

どの程度、効果が期待できるのか?!はちょっと微妙な所ですが悪くは無さそうな成分ですね。

ただ、ちょっぴり気になるのが、「エクトインを初めてヘアケアに応用しました」という表記。

パッと見だとこのシャンプーが初めて、ヘアケア商品にエクトインを配合したように見えますが、※にも書いてあるようにあくまでもジュレームブランドの中での話。

エクトインが配合されているヘアケア商品は他にもあるので、スンゴク特別なアイテムってわけではないんです。

ただ、この表記だけ見るとジュレームアミノにしかエクトインが配合されていないみたいに感じちゃいますよね(汗)

なーんか、ミスリードっぽい感じ。

エクトイン以外の保湿成分は『グリセリン』という成分くらいなもので、特にコレっ!っという成分は無いですね。

市販シャンプーとしては悪くないけど、スルホン酸が配合されているので、長期的に使うとパサツキが気になる可能性はあるかなと思います。

ここまでのまとめ
・洗浄成分はアミノ酸系メインでマイルドだが、洗浄力がかなり強い『スルホン酸』も配合されている
・保湿成分は『エクトイン』くらい
・安価な市販シャンプーよりはだいぶマシな配合成分。

【使用後レビュー】使って分かった!5つの本音

開封レビュー

ということで実際に使用した感想を書き綴っていきます!

ジュレーム史上最高級ラインってだけあって、なんか高級感が漂っています。笑

今までのジュレームはやや安っぽいデザインのものが多かったですが、これだと何か高そうに見えますね。

シャンプー液を手にとって見ると、無色透明。

シャンプーの粘度はそこそこ固めなので、シャンプー液が手のひらから垂れるって事はないですね。

本音1、泡立ちはどうなの?

メイン成分がかなりマイルドなので、泡立ちは悪いかもなぁ・・・っと思っていたんですが、これが中々泡立ち良し!

泡自体も結構”密”な泡質でこの辺も安物市販シャンプーとは全然違いますね。

たまーに泡立ちが良くても水っぽいシャバっている泡立ちのものもあるんですが、ジュレームアミノは泡立ちGOOD!

本音2、シャンプー後の使用感は?

そして、肝心のシャンプー後の使用感。カラーやパーマを月に1度は施術するので、ミドルダメージくらいある私ですが・・・

思ったよりは指通り感良しっ!ではあるものの、やはりスルホン酸の洗浄力がかなり強い為か、ちょっと「キュッ」と引っかかりというか脱脂されている感はありますね。

とは言え流石にメイン成分が『ココイルグルタミン酸』になっているだけあって、ゴワつき感は一切無しっ!

この辺りは流石ジュレェェェム!っといったところか。

ただ、あくまでも短期的な使用の感想であり、1ヶ月~と使っていくとどうなるか?は分かりません(汗)

本音3、香りはどうなの?

パッケージにローズジャスミンのの香りと書いてある通り、正にローズとジャスミンっぽい香りです。笑

そんなに甘ったるくないですし、芳香剤みたいな安っぽい香りでも無いので、良い香りだなぁ~とは思いました。

本音4、お試し用が100円くらいで購入できる

ドラッグストアなんかで100円くらいでお試し用のパウチが購入できるので、気になる人はお試し用から使ってみるのもありかなと。

1回使っただけじゃ、分からない事も多いですが、分かることも多いです。

香りや泡立ち感なんかは成分解析だけじゃ分かりませんからね。

本音5、トリートメントの使用感は?

ついでにトリートメントも使用レビュー。

結構、柔らかめなトリートメント液ででなんだか乳液みたい。

もちろん、成分もチェッーーーク!

ベース成分は『ジメチコン』というシリコン系の成分。これに〇〇クロリドと言った4級カチオン系の成分が+されています。

この辺りはどのトリートメントも大体一緒ですね。

特徴的な成分としては、ドライヤーの熱に反応して毛髪表面をコーティング補修してくれる『(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク』

※promoisSIG=(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク
出典:プロモイス シリーズ

いわゆるヒートアクティブ効果というやつですね。こちらのシャンプーなんかにも配合されていた成分です↓
【元美容師の口コミ】フィルメッグ シャンプーを使った5つの本音とは?

これに加えて、シャンプーにも配合されていた『エクトイン』が+されている感じ。

補修成分的には市販トリートメントとしてはそこそこ優秀な印象。ちょっとシリコンの配合量が多い気はしますが、この価格帯ならアリ!でしょう。

で、実際に使ってみるとシリコンが多い為か、やはりツルツル感はちょっと強めですね。

ただ、よくある安物トリートメントの「いつまで流せばいいのぉぉ?」ってくらいヌルヌルする感触は無いです。笑

もし、あなたがとにかく引っかかりが酷い!っというなら、使ってみるのはアリかなぁ。

【結論】スルホン酸は気になるが・・・

やっぱり一番気になる成分は『オレフィンスルホン酸』ですね・・・

原料が安価で簡単に洗浄力があがるので、よくよく市販シャンプーに配合されるんですが、シャンプーの成分の中で刺激がかなり強めなんですよねぇ。

メイン成分がアミノ酸とは言え、別にスルホン酸が配合されていないシャンプーも他にいくらでもあるわけで
【全部2000円以下】元美容師が使って選ぶ!市販シャンプーBEST5はコレだ!

あえてこのシャンプーじゃなくても良い!っというのが私の本音かな。

使用感も悪くなかったけど、あえてスルホン酸が配合されているものを1ヶ月、2ヶ月と長期的に使ってみたいとは思えません。

エクトインも悪くはないけど、他にもペリセアなどの補修成分はあるので、そこまでエクトインにコダワルことも無いかなと。

っというわけで、ジュレームシュープリームが気になっている人は参考にしてみてくださいm(_ _)m

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を紹介させて頂きます。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。

【コスパ最強はどれ?】300種以上解析した私が選ぶアミノ酸系シャンプーランキングBEST5

「これでダメなら諦めろ!」300種以上使った元美容師が選ぶオススメシャンプー3選はコチラ↓

1、⇛ダメージ&乾燥毛ならコレ!ラスティークディープセラムシャンプーを使った本音はコチラ!

2、本当にコスパ良いの?haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

3、コスパ重視なら最強クラスです。ハーブガーデンシャンプ―を使った本音はコチラ!

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

おすすめの記事