【元美容師の口コミ】NALOW(ナロウ)ディープモイストシャンプーを使った5つの本音とは?

【@chokichoki_M】元美容師Mです。

今回はNALOWディープモイスろシャンプーというシャレオツなシャンプーを見つけたので、実際に使ってみた感想&本当に良質な成分が配合されているのか?!を全力でレビュー。

結論から言うと、イマイチ!ってのが本音。

一応補修成分などはそこそこ力が入っている印象なんですが、シャンプーの命とも言える洗浄成分がイマイチなんですよねぇ・・・

私が最も嫌悪するとある成分が配合されてしまっています(汗)

~当ブログ人気記事はコチラ!~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

【2020】パーマが長持ちするシャンプーBEST5を元美容師が発表します!

【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST5はコレだ!

【全4種比較】無印良品シャンプーの選び方とは?元美容師が全部使って解説!

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 【成分解析】NALOW(ナロウ)ディープモイストシャンプーの配合成分は優しい?

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、加水分解卵殻膜、加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン、フラーレン、クエン酸、ポリクオタニウム-10、メチルグルセス-20、ラウリルヒドロキシスルタイン、BG、フェノキシエタノール、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、デシルグルコシド、PVP、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料

※黄色の成分が洗浄成分

もし、あなたがシャンプーを新しく購入する機会がある時はぜったいに見てほしいのが配合成分。

っというのもいくら口コミが良かろうとも、配合されている成分をチェックしなければ本当にあなたの髪質にもあっているのか?!は判断出来ないからです。

シャンプーは365日毎日頭皮に直接触れる”洗剤”です。毎日触れる洗剤にどんな成分が入ってるのか?!くらいは把握しておいてもバチは当たらないはずっ!

長期的な使用感⇛成分解析をチェックする

短期的な使用感⇛口コミ、レビューをチェックする

っというわけでまずはシャンプーでもっとも重要な洗浄成分からチェック!

洗浄成分

1、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

いきなり出てしまった・・・当記事の冒頭でお伝えした、私が嫌悪する成分というのがコレ。

シャンプーの洗浄成分の中でもかなり強力な洗浄力で、最近は市販にも配合されなくなりつつある、『ラウレス硫酸NA』と同等レベルに洗浄力が強い成分なんですよね。

少し前から「ラウレス硫酸フリー」っと書かれているシャンプーも増えていますが、実はその代わりにほぼ同等の成分であるこのオレフィンスルホン酸が配合されていることが結構多いです。

洗浄力はとにかく強力なので、ダメージ毛には向いていないし、乾燥毛が気になる!って人にも向いてない成分。

2、ココイルメチルタウリンNa

サロンシャンプーなんかにも配合される良質な成分の1つがコレ。

アミノ酸系の成分よりはやや洗浄力があるのですが、それでもダメージ毛でも問題無く使える洗浄力。

ミドルダメージくらいであれば問題無く使えるし、刺激性も低いのでしっとり感が強すぎるシャンプーだとべとついてしまう人ならコレもアリ。

3、コカミドプロピルベタイン

もはや説明不要と言っていいくらいにほぼ全てのシャンプーに配合されているのがコレ。

刺激性も洗浄力もかなりマイルドなんですが、99%シャンプーに入っているので珍しい成分ってわけでもないですね。

で、洗浄成分を総合的に見ると、メインの洗浄成分がメチャ強力なスルホン酸って時点で個人的にはOUT!

やっぱりね、、いままでこのブログで紹介しているだけでも200弱はシャンプー使ってきてますがスルホン酸のシャンプーで使用感が良かったものって1つもないんですよ(汗)

もちろん、この成分だけが入ってるわけでないんですが、他にもいくらでも洗浄成分なんてあるので、あえてこの成分が配合されているシャンプーを使う理由は見当たりません・・・

その他の保湿、補修成分解析

1,加水分解卵殻膜

このシャンプーの目玉成分的がコレ。ゆで卵を向いたときの内側についている薄皮みたいなやつです。

一応、毛髪のハリ・コシ感向上に期待できると言われている成分ですが、具体的にどの程度、補修力などが期待できるのか?!はちょっと資料など見つかりませんでした(汗)

ただ、サロンのパーマ前などにダメージを抑える前処理剤としても使われるので、ある程度の補修やハリコシ感アップは期待できそう。

2,加水分解ケラチン

鉄板にして王道とも言える毛髪補修成分がコレ。

比較的安価なシャンプーでもヘアケアシャンプーには結構配合されている成分の1つではありますね。

毛髪を構成しているのがケラチンタンパクなので、ダメージによって減ってしまったケラチンタンパクをこの成分で補修してあげるという作戦です

「髪の滑らかさ」および「髪のツヤ」について各濃度の加水分解ケラチン(分子量400)水溶液と比較として加水分解コラーゲン水溶液を用いてハーフヘッド法にて評価した。

評価基準として20人のうち◎:18人以上が良いと回答、○:14-17人が良いと回答、△:8-13人が良いと回答、☓:7人以下が良いと回答としたところ、以下の表のように、

試料 濃度 髪の滑らかさ 髪のツヤ
加水分解ケラチン 0.001
加水分解ケラチン 0.004
加水分解ケラチン 0.04
加水分解ケラチン 0.4
加水分解ケラチン 4.0
加水分解コラーゲン 0.2

加水分解ケラチン(分子量400)は、いずれの濃度でも優れた毛髪修復効果を示した。
出典:加水分解ケラチン(羊毛)とは…成分効果と毒性を解説

一応、このように手触り感が向上したというような研究結果は公表されているみたい。

3,フラーレン

こちらはどちらかと言うと頭皮ケア成分的な役割。

紫外線を浴びることによって、活性酸素が発生⇛老化の原因になるっといわれているんですが、この活性酸素を除去作用が期待できる成分なんです↓


出典:http://www.caressemoi.com/_src/sc1331/83t8389815b838c839383f815b835e8fw.pdf

と言ってもシャンプーに配合される成分の1つなので、カラーやパーマの際に発生した活性酸素をある程度除去してくれるかな?くらいに思っておいた方が良さげ。

一応補修成分や保湿成分はそこそこ入っているものの、ナローシャンプーならではっ!って成分はあんまり無いです。

『加水分解卵殻膜』であれば、過去に当ブログでも紹介したフィルメッグシャンプーにも配合されてましたし↓
【元美容師の口コミ】フィルメッグ シャンプーを使った5つの本音とは?

こっちのフィルメッグシャンプーは洗浄成分も『ラウロイルメチルアラニン』というアミノ酸系の洗浄力がマイルドな成分がメイン。

ってことを考えるとナローシャンプー使うなら、フィルメッグの方が良いでしょっ!っと思ってしまったのが本音。

価格もそんなに変わらないというか、フィルメッグの方が価格すら安いことが多いし(汗)

ここまでのまとめ
・洗浄成分はスルホン酸がメインで洗浄力はかなり高め
・補修、保湿成分は配合されているが、洗浄力を補う程ではない

【使用後レビュー】使って分かった!5つの本音

開封レビュー

というわけで成分解析だけじゃ分からない、使用感や香り、泡立ち感などもレビュー。

パッケージはシャレオツ。一見するとなんのパウチなのか?全く分からないです・・・

最近こんな感じのオシャレ系シャンプー増えてきているなぁ。

シャンプーの液体は無色透明でやや粘度は強めかな?って感じ。

経験上シャンプーの液体がぬちょっと固い質感だと、洗浄力がメチャ高い傾向にあります。

ナローシャンプーはそこそこの固さで、この時点では洗浄力がメチャ高い感じはしないですね。

本音1、泡立ちはどうなの?

泡立ち感はちょい悪めくらいな泡立ち感です。

すごく泡立つという感じでもなく、もちもち泡というわけでもなく、やや水ッぽい質感のシャバ系の泡立ちですね。

洗っててすごく気持ちいい!ってわけでも無いですが、気持ち悪いってほどでもなく至って普通な感じ。

本音2、シャンプー後の使用感は?

スルホン酸がメイン成分なので洗った直後から、バサボサになるのでは・・・

っとちょっと心配あったんですが、シャンプー中は「おっ意外にいけるじゃん」っと思ってしまうほど普通な手触り感。

なんですが、やっぱり泡をすすぐと結構、髪の油分が持ってかれたような手触り感になり「キュっ」っと引っかる感触はありますね。

ただ、想像よりはゴワつき、きしみは無くスルホン酸がメインのシャンプーにしては、洗浄力は控えめな印象でした。

とはいえ1回使っただけでの感想なので、1週間~1ヶ月とか使い続けたら、ゴワつきが気になるという可能性もあるのでオススメとは言い難いですが。

本音3、香りはどうなの?

ピオリーという香りでかなりいい香り。甘ったるくなく、香りも強さもほどほどなので個人的には好きな香り。

本音4、お試し用が100円くらいで購入できる

特にオススメ!ってわけでもないですが、気になる人は100円くらいでお試しトライアルが購入できます。

いきなりボトルで購入して失敗する可能性もあるので、まずはお試しを3回分くらい使ってみてボトルを買うのもありかなぁと。

私の地域ではドラッグストアなどにおいているのは見たことが無いですが、ロフトとかに置いているみたい↓
⇛ディープモイスト シャンプー&トリートメント サシェット

本音5、トリートメントの使用感は?

ついでにトリートメントも使用レビュー。

トリートメント液は至って普通な感触。

もちろん成分もチェック!

『ジメチコン』というシリコンがベースで毛髪柔軟成分である『ベヘントリモニウムクロリド』という4級カチオン成分も配合。

ここまでは至って普通な市販のトリートメントと同様の成分。

ただ、補修成分としてシャンプーと同じく『加水分解卵殻膜』などは配合されているので、市販のよくある「シリコンでただ誤魔化すだけ」のトリートメントよりは良い感じ。

使ってみると、、、想像よりもトリートメントの効きは悪いですね(汗)

シャンプー直後からちょっと髪がつっぱっているような感触だったんですが、トリートメントつけても対して指通り感良くなりません。

ライトダメージ向きかなぁ。

【結論】あえて選ぶ理由は見つかりませんでした。

洗浄力が強力なスルホン酸がメイン成分って割には意外にマシ。

っとは思うのですが、だからといっても他にも優れた市販シャンプーはいくらでも出てきているし↓
【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST6を元美容師が発表します!

卵成分の補修効果が気になる!っというのであれば、上の方でも紹介したフィルメッグシャンプーの方が明らかに優秀
【元美容師の口コミ】フィルメッグ シャンプーを使った5つの本音とは?

っということを考慮するとあえてナローシャンプーを選ぶ理由もない!っと思ったのが本音です。

これでせめて洗浄成分がアミノ酸系とかであれば、フィルメッグシャンプーと良い勝負です!っとか言えるのですが、スルホン酸がメインの時点でビミョー・・・

っというわけで、ナローシャンプーが気になるという人は参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を紹介させて頂きます。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。

【コスパ最強はどれ?】300種以上解析した私が選ぶアミノ酸系シャンプーランキングBEST5

「これでダメなら諦めろ!」300種以上使った元美容師が選ぶオススメシャンプー3選はコチラ↓

1、⇛ダメージ&乾燥毛ならコレ!ラスティークディープセラムシャンプーを使った本音はコチラ!

2、本当にコスパ良いの?haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

3、コスパ重視なら最強クラスです。ハーブガーデンシャンプ―を使った本音はコチラ!

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

おすすめの記事