【元美容師が評価】凛恋シャンプーを使った4つの本音とは?ゴワゴワしました・・・

【@chokichoki_M】元美容師Mです。

今回はメジャーなシャンプーになりつつある『凛恋シャンプーローズ&ツバキ』を実際に使った感想&本当に良シャンプーなのか?!書き綴っていきます。

成分的をパッと見ると、その辺の市販シャンプーよりかはかなりマイルドな成分に見えます。

が、使ってみるとメチャっメッチャゴワつきました(涙)

それもそのはず、メイン成分こそかなり優しい成分が配合されていますが、割と洗浄力が高い成分も配合されているのに加えて、補修保湿成分はかなり微妙なんですよ。

っということでどんな成分が配合されているのか?っとともにどんな人向きなのか?も解説していきます。

~当ブログ人気記事はコチラ!~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

【2020】パーマが長持ちするシャンプーBEST5を元美容師が発表します!

【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST5はコレだ!

【全4種比較】無印良品シャンプーの選び方とは?元美容師が全部使って解説!

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

【成分解析】凛恋(リンレン)シャンプー ローズ&ツバキの配合成分は優しい?

水、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNa、ハイブリッドローズ花水、ハイブリッドローズ花エキス、ツバキ種子油、ツバキ種子エキス、加水分解コンキオリン、豆乳発酵液、サガラメエキス、シャクヤク根エキス、ハマナスエキス、アマモエキス、ニオイテンジクアオイ花/葉/茎エキス、ノバラ油、ラベンダー油、オレンジ果皮油、ニオイテンジクアオイ油、ライム油、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ポリクオタニウム-10、ベタイン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、エチドロン酸、クエン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、エチドロン酸4Na、BG、エタノール、フェノキシエタノール、香料(パチョリ油※天然由来香料のみ使用)

より詳しい成分解析はこちら↓
【元美容師が解析】コスパ悪?凛恋(リンレン)シャンプーローズの成分は平凡過ぎた。

もし、あなたがシャンプーを新しく購入する際は口コミやレビューだけでなく、どんな成分が配合されているのか?は絶対にチェックしてください。

っというのもネット上の口コミやレビューも参考にはなりますが、1ヵ月、2ヵ月長期間使っていくとどうなるのか?まではわからないことが殆どです。

そもそも、髪質やダメージ、シャンプー使った履歴全てにおいて全く違います。

いくら他人が良いっ!っと口コミで書いていても自分に合っているのか?は分かりません(汗)

長期的な使用感⇛成分解析

短期的な使用感⇛口コミ、レビュー

っと言った感じで成分と口コミの両面から判断するのがベスト!だとネット上の片隅で叫ばせて頂きたいです。笑

1,2回だけの使用感ならシリコンやポリマーを配合するだけで、手触り感は良くなっちゃいあmすからね。

洗浄成分

最も重要な成分が”洗浄成分”です。いくら保湿成分や補修成分を配合しようと、配合量が多い洗浄成分がメチャ強かったりすればほぼ無意味に終わります。

で、凛恋の洗浄成分ですがメイン成分は『コカミドプロピルベタイン』というベタイン系の刺激性も洗浄力もマイルドな成分です。

次点で多い成分がアミノ酸系成分に近い、『ココイルメチルタウリンNa』というこれまた刺激性も洗浄力もマイルドな成分。

ここまでは全部の成分がマイルドで、ダメージヘアでも問題なく使用できる洗浄成分です。

が、『ラウロイルサルコシンTEA』、『ココイルグリシンNa』の両成分は刺激性こそかなり低いものの、洗浄力はかなり強めの成分なんですよね(汗)

メイン成分こそマイルドな成分なので、めちゃめちゃ強い!って事は無いですが、総合的に見るとそこまで優しい成分ってわけでもありませんね。

その他の成分解析

洗浄成分に関しては、”悪くない”っと言った感じですが残念なのが、その他の保湿成分や補修成分です。

『加水分解コンキオリン』といった補修成分は配合されてますが、他にはローズ水とかツバキ種子エキスなんかの植物成分くらいしか配合されてません・・・

入っていないよりも入っている方が幾分マシではあるものの、シャンプーの保湿成分としてはちょっと物足りないですね。

もし、あなたが乾燥やダメージ毛が気になっているのであれば、きしみやゴワつきは気になるかなぁと。

【使用後レビュー】使って分かった!5つの真実

開封レビュー

パッケージはシンプル。最近こういうシンプルなデザインが多いなぁ。

開封すると、、、液体はやや水っぽい感じ。

水っぽいとは言っても、指の間から垂れる程じゃないので、使用するには問題なしっ!

っという事で早速シャンピングしていきます!

真実1、泡立ちは良いが、泡が消えていく・・・

メイン成分がマイルドとは言え、『サルコシン酸』などの洗浄力が高めの成分が配合されている分、泡立ちは良好!

モコモコっと泡立ってくれます。

アミノ酸系のシャンプーの中には、「全っ然!泡立たねぇ!」っというものもあるので、そういったシャンプーに比べると、かなり気持ちよく泡立ってくれます。

真実2、シャンプーだけだとゴワつく!

洗浄力が強い成分が配合されているとは言え、メイン成分はベタイン系&タウリン系なので、そこまでゴワつきは無いだろう・・・

っと思ったのですが、かなりゴワッゴワになってしまった(汗)

最近は検証の為に毎日、毎日違うシャンプーを使っているのですが、最近の中では5本指に入るほどのゴワつき感。

以前検証したコチラの”高級アルコール系”シャンプーに比べるとマシではあります↓
【元美容師が評価】アハロバターシャンプーは一撃でゴワつきました・・・

が、メイン成分がベタインなのにここまでゴワつくとはっ!っと思うほどゴワつきました。

うーむ、最近のアミノ酸系市販シャンプーの中ではかなり使用感は悪めっというのが私の本音ですね。

真実3、香りが強めで残りやすい。

そして、案外大事なのが香り!個人的には髪にあまり香りが残ってほしくない派。

なのですが、凛恋はなんというかローズっぽい花の香りが結構強めで、洗い上がった後も髪に結構香りが残る感じ。

あなたが「香りが残る方が好き!」っと言うなら良いかもしれませんが、他に整髪料やアウトバストリートメントを使う!って言う人は色んな香りが混ざっちゃうかも。。。

真実4、トリートメントの使用感もイマイチでした。

ついでにトリートメントも使ってみます。

ちょっと緩めなクリーム状のトリートメント。香りはやっぱり強め(汗)

で、トリートメントなのにやっぱりこっちもシリコンが配合されていないんですよね。

シャンプーと違って『ペリセア』なんかの補修成分は配合されていますが、やっぱり殆どがローズエキスやら意味があるのか無いのか?ちょっと分からない植物成分ばかりです。

ペリセアに関してはかなり後半に書かれているので、配合量はかなり少ないと思われます・・・

で、実際に使ってみるとかなーーーり軽い使用感です。笑 

付けて洗い流したら全部流れていってるんじゃないか?!ってくらい、軽い質感です。

やはりトリートメントはシリコンが配合されていないと、あまり即効性は感じられませんね。

別にシリコンは頭皮にも髪も悪影響を与えないので、手触り感アップする為に配合していても全く問題無いんですけどねぇ。。。

もし、あなたが「しっとり感が欲しい!」とか「乾燥が気になる!」っと考えているなら、このトリートメントは満足度低いと思います。

【結論】サッパリ感重視ならアリだが・・・

刺激性はその辺の安物シャンプーよりよっぽどマイルド。

ただ、洗浄力は割と強めでサッパリとした質感に仕上がるので「ダメージ毛や乾燥毛には全く向いていない!」っというのが私が使った本音です(汗)

悪くは無い。悪くはないのですが、、、本当にサッパリ感重視!って人向きですね。

私のように月1でパーマやカラーをする人にはちょっときしみ感が気になると思います。

価格も割と高めなので、ダメージや乾燥が気になっている人なら『ペリセア』や『リピジュア』が配合されているシャンプーを選ぶべき!かと。
【全部2000円以下】元美容師が使って選ぶ!市販シャンプーBEST5はコレだ!

っというわけで凛恋シャンプーが気になっている人は参考の1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を紹介させて頂きます。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。

【コスパ最強はどれ?】300種以上解析した私が選ぶアミノ酸系シャンプーランキングBEST5

「これでダメなら諦めろ!」300種以上使った元美容師が選ぶオススメシャンプー3選はコチラ↓

1、⇛ダメージ&乾燥毛ならコレ!ラスティークディープセラムシャンプーを使った本音はコチラ!

2、本当にコスパ良いの?haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

3、コスパ重視なら最強クラスです。ハーブガーデンシャンプ―を使った本音はコチラ!

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

おすすめの記事