【元美容師の口コミ】ハニーチェモイストシャンプーを使った5つの本音とは?

【@chokichoki_M】元美容師Mです。

今回はハチミツシャンプーの代名詞『ハニーチェディープモイストシャンプー』を使った私の口コミ&本当に良シャンプーなのか?成分も評価してきたいと思います。

市販シャンプーの中ではメイン成分がマイルドではあるものの、私が嫌悪する”とある成分”が配合されているんですよね・・・

そして、もう一点がハチミツってなんかトロ~リなイメージがあるますが、髪の毛の保湿力に特化しているか?というとそれも疑問です(汗)

っというわけでハニーチェを使った感想&どんなシャンプーなのか?300種以上のシャンプーを見てきた私が解説してきます!

~当ブログ人気記事はコチラ!~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

【2020】パーマが長持ちするシャンプーBEST5を元美容師が発表します!

【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST5はコレだ!

【全4種比較】無印良品シャンプーの選び方とは?元美容師が全部使って解説!

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

【成分解析】ハニーチェディープモイストシャンプー配合成分は優しい?

水、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、PEG-8、ハチミツ、ナツミカン花油、ホホバ種子油、シア脂、ダイズステロール、アルギニン、γ-ドコサラクトン、クオタニウム-18、セバシン酸ジエチル、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-47、コカミドメチルMEA、イソステアリン酸、クエン酸、塩化Na、PEG-40水添ヒマシ油、EDTA-2Na、ベヘントリモニウムクロリド、安息香酸Na、イソプロパノール、プロパンジオール、エタノール、メチルイソチアゾリノン、香料

もし、あなたがシャンプーを選ぶ際にネット上の口コミ”だけ”を参考にしているなら、それは絶対に止めた方が良いです。

っというのもシャンプーの口コミはある程度参考にするのはありですが、人によって髪質やダメージ、今までのシャンプー使用歴、求めるスタイル等など・・・

全て千差万別なので、他の人が良いっ!っと思ってもあなたに合うとは限らないからです。

口コミも参考にするのは良いのですが、どんな成分が配合されているのか?!だけは絶対にチェックしましょう。

成分さえチェックしておけば、大体ではあるもののどんな性格のシャンプーなのか?は予測できますので!

長期的な使用感⇛成分解析

短期的な使用感⇛口コミ、レビュー

っと言った感じで長期的な使用感と短期的な使用感の両面から使うべきシャンプーなのか?判断するのが良いかと。

1,2回の使用感を良くするだけならシリコンやポリマー系の成分をタップリ入れちゃえばそれだけで、手触り感は良くなっちゃいますので。

洗浄成分

シャンプーにおいて、最も重要な成分がこの洗浄成分!っというのもシャンプーに配合される成分の8割前後は水と洗浄成分だったりします。

なのでいくら他の保湿、補修成分がタップリ配合されていようが、メイン成分でもある洗浄成分がメチャ強いとほぼ意味なし!なんですよ(汗)

で、ハニーチェに配合されるメインの洗浄成分が『コカミドプロピルベタイン』というベタイン系の成分ですね。

ベビーシャンプーに配合されるくらい刺激性&洗浄力が優しい~成分。っといってもほぼ全てのシャンプーに配合される成分なので、珍しさなどは皆無ですが・・・

そして、問題なのは次の『オレフィンスルホン酸』という洗浄成分。

最近は配合される事が少なくなってきている『ラウレス硫酸Na』と同等レベルに洗浄力が高い成分なんですよ。

必要以上に洗浄力、脱脂力が強い成分なのでメチャ髪がパサツキなりやすくなります。

更に頭皮に対する刺激性に関しては、ラウレス硫酸よりも更に刺激が強いというデータも出ています。

出典:ラウリル硫酸Naとは…成分効果と毒性を解説

ラウレス硫酸Na(LAS)と比べると、オレフィンスルホン酸(AOS)は2倍以上の皮膚刺激性があると公表されちゃっています。

もちろん、シャンプーに配合される1成分なのですぐにお肌が荒れるとかそういう事はありませんが、シャンプーの洗浄成分の中では刺激性は高いのであえて選ぶ理由も無いかと。

私はこの成分が配合される時点で選択肢から絶対に外しますね。

その他の成分解析

ハニーチェというだけ合って、ハチミツ成分がかなり高配合されていると思われます。

が、ある程度保湿力はあるんだろうけど、ハチミツが髪の毛を補修、保湿すると言ったデータなどは特に見つけられませんでした(汗)
※あれば追記しようと思います。

栄養価が高い成分なのは間違いないですが、ミツバチだって人間の髪の為に蜜を作っているわけじゃあるまいし・・・

ある程度保湿力があるかなぁ?くらいに考えておいた方が良いかと。

ただ、他にも『ポリクオタニウム-47』という東洋人向けの保湿成分や『γ-ドコサラクトン』というドライヤーの熱に反応して、髪を補修するヒートプロテクト成分。

『ホホバオイル』なんかの保湿力が高い成分も配合されているので、1000円以下の市販シャンプーの中では保湿&補修成分はそこそこ頑張っている感じ。

ただし!気になるのが極少量だとは思われますが『ベヘントリモニウムクロリド』という4級カチオンの成分。

毛髪に柔軟性を与えるのですが、トリートメントなんかに配合される成分で刺激性&吸着性がかなり強い成分なんですよ。

頭皮が弱い人やシャンプーによっては痒みが出てしまう!って人は避けておいた方が無難な成分ですね。

より詳しい成分解析はこちら↓
【解析】ハニーチェディープモイストシャンプーの成分を元美容師がガチで解析した結果。

【使用後レビュー】使って分かった!5つの本音

開封レビュー

ぶっちゃけ、あんまり使いたくないのですがレビューする為に泣く泣く購入。

最近、ハチミツとかクリームとか”美味しそうなネーミング”付けてマーケティングしているシャンプー増えたなぁ・・・

開封してみると、液体は透明で粘度はやや固め。

ハチミツの配合量が多いのでもしかして舐めてみたら甘いのか?!っと思ったのですが。。。

流石に舐めるのは止めておきました。笑

本音1、泡立ちは良いが、泡が消えていく・・・

早速シャンプーしてみる、泡立ち感はやはり洗浄力が高いのもあってか、かなりモコモコ泡立ちます。泡質も思ったよりはキメが細かいので、シャンプー自体は気持ちよく出来る感じ。

アミノ酸系シャンプーが流行りつつありますが、シャンプーによっては「これ、シャンプーさせてくれる気あるの?!」っと言いたくなるほど泡立たない物もありますので・・・

本音2、シャンプーだけではややゴワつく。

最も重要なのが洗い上がりの感想。オレフィンスルホン酸が多めに配合されているので、一発でゴワつくか?!っと思いましたが、思ったよりは指通り感良しっ!

流石にサラッサラとまではいかなく、手ぐしを通そうとすると「ングっ」っと引っかかる所はありますが、想像よりは良い使用感。

恐らく、クオタニウムや4級カチオン系のポリマー系成分が配合されているおかげで、短期的な使用感が良くなっているのかと思われます。

これが1ヵ月~2ヵ月っと使用しつづけるとどうなるか?は分かりませんが(恐らくパサツイてくる)月に一回カラーorパーマを施術しているミドルダメージヘアの私でも我慢できないほどではなかったです。

ただ、、、私が予め4級カチオンが配合されている事を知っているから意識してしまっているのか?お風呂から上がった後、やたら耳がかゆい(汗)

今も耳たぶの裏を掻きながら執筆しています。。。

いずれにしても、カチオン系の成分が配合されているシャンプーを使う場合はすすぎをいつも以上にしっかりするべきですね。

本音3、香りに強さは普通。

香りはハニーチェというネーミング通り、ハチミツの香りと花の香りが混ざったような香り。

香り自体は甘ったるいわけじゃなく、悪い香りではないですね。好きでもないですが・・・

香りの強さは洗い上がりでも本当にほんの~り、髪に残るかな?くらいの強さ。

個人的には整髪量の香りなどと交じるのが嫌なので、もう少し香りの強さは弱い方が好みですが、我慢できないほどではないですね。

本音4、お試し用が100円くらいで購入できる

もし、あなたがこのシャンプーを気になってもいきなり500mlもあるボトルを買う必要無し!

まずは100円のお試し用を使って、自分の髪にあっているか?チェックしてから、ボトルを購入するのが良いかと。

最初からボトル買って合わなかったら、1ヵ月くらいは憂鬱なシャンプータイムを過ごすことになるのでこれは有り難い。

本音5、トリートメントの使用感は・・・

ついでにトリートメントも使ってみました。

粘度はかなり固め。ではあるものの、伸びないわけじゃないので塗りづらい!っという事は無いです。

成分的にはシャンプーと同じくハチミツやクオタニウム系のポリマー、ドコサラクトンと言った成分。

ベース成分は『水添ポリイソブテン』という軽い質感のシリコンがベースで、更に『ジメチコン』などのシリコンも配合されているって感じですね。

で、実際に使ってみると、、、市販トリートメントによくある「いつまで流せば良いんですかっ?!」っと言いたくなるほどヌルっとした質感(汗)

恐らく殆どがシリコン系の成分なんじゃないかな・・・

手触り感はかなり良くなるものの、シリコンの人工的な質感があまり好きじゃないので、オススメ!とは言い難いです。

【結論】安価な市販シャンプーではマシ。

1000円以下の市販の中ではマシかなぁ?と言うのが私の本音です。

市販シャンプーによくある『ラウレス硫酸Na』がベースのシャンプーよりはややマイルドで、その他の成分も一応保湿、補修成分もある程度配合されていますので。

とは言っても、同価格帯でももっと成分にこだわっているシャンプーはありますし
【全部1000円以下】元美容師がドラッグストアシャンプーBEST6を発表します!

もうちょい予算足せば一気にクオリティも上がるので、特にオススメしたいとも思えません。
【2019年】元美容師が市販シャンプーランキング9選を発表します。

そして、こんな記事を書いて意識してしまっているせいかやっぱり耳の上辺りが痒い・・・

シャンプーには4級カチオンなんて入れない方が良いと思うのですが(汗)

っというわけでハニーチェシャンプーを検討している人は参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を紹介させて頂きます。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。

【コスパ最強はどれ?】300種以上解析した私が選ぶアミノ酸系シャンプーランキングBEST5

「これでダメなら諦めろ!」300種以上使った元美容師が選ぶオススメシャンプー3選はコチラ↓

1、⇛ダメージ&乾燥毛ならコレ!ラスティークディープセラムシャンプーを使った本音はコチラ!

2、本当にコスパ良いの?haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

3、コスパ重視なら最強クラスです。ハーブガーデンシャンプ―を使った本音はコチラ!

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

関連キーワード
おすすめの記事