【元美容師の口コミ】ハホニコ ビッツルトリートメントを使った5つの本音とは?

【@chokichoki_M】元美容師Mです。

今回は美容室なんかでシステムトリートメントとしても使われる『ハホニコ ビッツルトリートメントヒーティングタイプ』を実際に使ってみた私の感想&本当に良質な成分が配合されているのか?!を解説。

美容室だけでしか手に入らないなら、レビューする意味ないだろっ!っと思ってたんですが、今ってシステムトリートメントもふつーにAmazonで買えちゃうんですね(汗)

で、まず結論ですがビッツルの名の通り、『ビックリするほどツルッツル』になりました。笑 本当に一発で。

ただし!全ての人にオススメ!ってわけでもないので、その辺りも解説していこうと思います。

~当ブログ人気記事はコチラ!~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

【2020】パーマが長持ちするシャンプーBEST5を元美容師が発表します!

【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST5はコレだ!

【全4種比較】無印良品シャンプーの選び方とは?元美容師が全部使って解説!

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 【成分解析】ハホニコ ビッツル トリートメント・ヒーティングタイプの配合成分は?

水、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、シクロメチコン、ヒドロキシエチルセルロース、セトリモ二ウムクロリド、アモジメチコン、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、パーフルオロポリメチルイソプロピル、ベタイン、ヒアルロン酸Na、トレハロース、ムラサキ根エキス、PCA-Na、ソルビトール、水添レシチン、リゾレシチン、ヒドロキシプロピルセルロース、ジココジモ二ウムクロリド、ステアルトリモ二ウムクロリド、ラウレス-25、エタノール、BG、リン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

私が当ブログで2年以上言い続けているのが、シャンプーでもトリートメントでも「必ず配合成分はチェックせよ!」っということです。

いくらパッケージにサラサラになる〇〇成分配合!っと書かれていようが、成分見るとスゴくショボい事って多々あるんですよね・・・

もし、あなたが本当に髪質をさらっさら、ツルッツルにしたい!っと考えているなら、どんな成分が配合されているか?くらいはチェックしましょう!

長期的な使用感⇛成分解析をチェックする

短期的な使用感⇛口コミ、レビューをチェックする

で、ビッツルトリートメントの成分なんですが、一言で言うとシリコンなどでゴリッゴリに皮膜&皮膜を張って手触りを良くするトリートメントです。笑

成分表を見ると『ジメチコン』というシリコン系の成分がベース。

それに加えて『シクロペンタシロキサン』『シクロメチコン』『アモジメチコン』と言ったシリコンまでぶっこまれております。

『シクロペンタシロキサン』はサラッとした質感に仕上がりやすい~とかそれぞれ違いはあるんですが、これだけシリコン系の成分が入ってる時点で、かなり重めな質感に仕上がる事は想像できます。

シリコン!っと言うと最近は謎のノンシリコンブーム的な流れもあって、抵抗がある人もいるかもですが、あなたが「とにかくパサツキ、引っ掛かりが気になるのでどうにかしたい!」っというならアリです。

シリコン自体、頭皮や髪に悪影響を及ぼすことは無いという研究結果は10年くらい前からでていますし↓

即効性を求めるならアリ!っというかトリートメントのノンシリコンってあんまり手触り良くならないので、トリートメントとしての機能が低かったりします(汗)

っと長々とシリコンについて語っていたらアツくなってしまいましたが、ビッツルは即効性が高いシリコンゴリゴリトリートメントって事は間違いないです。笑

その他の成分解析

シリコンがベースではあるんですが、それだけだったら市販のトリートメントとさほどかわりません。

ビッツルはシリコン以外の皮膜形成成分がコレでもかっ!ってほど配合されているんですね。

1,パーフルオロポリメチルイソプロピル

フッ素コーティング!っと宣伝している成分の正体がコレ。傷口などを塞ぐ為にも使用される保護成分なので、安全性は高い。

ちなみに、皮膜を形成するとか言うとサランラップみたいなプラスティックを巻いて、皮膚呼吸できなくなるようなイメージもあります。

ただ、皮膜を張ると言ってもこの手の皮膜成分は網目状にコーティングされるので、皮膚呼吸を妨げる事は無いです。

2,(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン

ヒーティングタイプの名の所以とも言えるのがこの成分です。これもまた皮膜成分。笑

ただ、他の皮膜成分と違いドライヤーの熱なんかに反応することで更に毛髪の手触り感など向上が期待できるという成分なんですね↓

引用:セイワサプライ株式会社

上記の図はあくまでも試験での環境なので、全く同じようになるとは言えないですが、ドライヤーの熱ダメージが気になる!って人はアリな成分かと。

更に上記で紹介した成分以外にも毛髪を構成すると言われる各種アミノ酸『セリン、グリシン~』なんかもアレコレ配合されていますね。
まあ、この辺りのアミノ酸系成分がどの程度補修力があるか?は未知数ですが、市販トリートメントなんかよりは補修力は期待できそう。
成分を総合的に見返すと改めて、ゴリッゴリのコーティング系トリートメントだ!ってのが分かったと思います。
ダメージを根本的に解決するというよりは、即効性重視!でとにかくすぐにでも手触り感をアップさせたい人向きですね。
ここまでのまとめ
・皮膜形成成分がほとんどを占める
・ダメージを補修するというよりも、とにかく手触り感を改善したい!って人向き
・細毛の人はベタつく可能性があるので、使う量に注意!

【使用後レビュー】使って分かった!5つの本音とは?

開封レビュー

っというわけで、成分の解析じゃわからない使用感や香り、注意点などを解説!

まずはパッケージ。デデデデカイッ!550gのものを買ったのですが、存在感が・・・笑

そして、業務用なのでパッケージは可愛くない。ハホニコのロゴはKAWAIIけど。

ちなみにこのビッツルは業務用システムトリートメントなので、『ハホニコ ラメイプロトメント』を先に付けてから使うトリートメントです。

ただ、ハホニコ ラメイプロトメントの成分見るとそこまで・・・って感じだったので今回はビッツルだけ使用してきます。

本音1、トリートメントの使いやすさは?

なんか、工作用の糊みたいで付けるの怖いんですけど。笑

手にとって見るとなんか、、、やっぱり糊みたい(汗)明らかに他のトリートメントとは異質、明らかに異質。

水っぽさが全然なく、シリコンッッ!って感じです。

本音2,トリートメント後手触り感

で、実際に使った後の手触り感なんですが、、、

・・

・・・

ビックリするほど、ツルっツル!になりました。笑

成分見た時点で「ぜったいつるつるになるだろ・・・」っと予想はしていましたが、ツルツル感は他のトリートメントの比じゃないです。

私自身、カラーやパーマを月に1度は施術するので、ミドルダメージくらいあるんですが、全く引っかかりやキシみは感じません。

ただ、、ツルツルになるのは間違いないんですが、シリコン特有の人工的なツルツル感なのでちょっと好き嫌いは別れるかも(汗)

個人的には人工的なツルツル感があんまり好きじゃないんですが、即効性は確かなので”髪質が改善されるまで”一時的使っていくのが良いような気がする。

とは言え、こんだけ強力なツルツル感が得られるなら、ハマる人は多そうです。笑

本音3、香りはどうなの?

香りは全くしません。頑張って鼻につくくらい顔を近づけると、正に工作用糊みたいな香りがするかな?ってくらい。

最近流行りのフローラルブーケ的な香りは一切ないので、香り重視の人は注意。

本音4、細毛の人は注意!

上の方でも書きましたが、がッッッツリコーティングするトリートメントなので、細毛の人がべちょっと付けると一撃でべとつく可能性があります。

細毛の場合は少量をすこーしずつ使っていくことをオススメします。

また、普通~硬毛の人でも基本的には3日に一回とか、1週間に一回と感覚を開けて使いましょう。

最初は大丈夫と思っていても、だんだんべとつく可能性も無きにしもあらずなので!

本音5、買えなくなる可能性もあるかも(汗)

私は今回Amazonで購入。っというのも定価から58%オフという超絶安価格だったんですよね↓

※あくまでも執筆時点の価格なので、現在の価格は必ずチェックしてから購入してくださいね。
ハホニコ ビッツルトリートメント現在の価格&セールはコチラ!

ただ、販売元はハホニコ公式サイトじゃないっぽいので、もしかしたら取り扱いがそのうち無くなる可能性もあるような気もします。

ややマニアックな商品(というか業務用・・・)なので、もしあなたが使ってみたい!っと思っているなら早めに買ったほうが良いかも。

あまり焦らすような事は言いたくないんですが、たまーに紹介した商品がいつの間にか取り扱いなくなっていることもありますので(汗)

【結論】即効性を求めるならアリ!

あくまでも内部を補修するというよりも、コーティングするトリートメントなので、カラーやパーマの持ちを良くしたい!って人向きではないですね。

とにかく今すぐにでもパサツキを改善したい!とか髪がまとまらないからどうにかしたい!って人向き。

根本的な髪質を改善したいなら、以前から言っているように洗浄力がマイルドなシャンプーを使うことが最も重要です。↓
【元美容師が激選】髪質改善アミノ酸シャンプーランキングBEST5はコチラ!

いくら髪表面をコーティングしまくっても、洗浄力が強いシャンプー使ってたらだんだんパサツキまくってきますし、根本的な髪質は永遠に改善されません(涙)

っというわけで、もしあなたが髪質改善したいぃぃ!っと悩んでいるたら参考にしてくださいね!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を紹介させて頂きます。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。

【コスパ最強はどれ?】300種以上解析した私が選ぶアミノ酸系シャンプーランキングBEST5

「これでダメなら諦めろ!」300種以上使った元美容師が選ぶオススメシャンプー3選はコチラ↓

1、⇛ダメージ&乾燥毛ならコレ!ラスティークディープセラムシャンプーを使った本音はコチラ!

2、本当にコスパ良いの?haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

3、コスパ重視なら最強クラスです。ハーブガーデンシャンプ―を使った本音はコチラ!

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

関連キーワード
おすすめの記事