【元美容師の口コミ】シュワルツコフ ビオロジー アクア シャンプーを使った5つの本音とは?

【@chokichoki_M】元美容師Mです。

今回はシュワルツコフさんが販売するビオロジーアクアシャンプーを実際に使った私の感想&本当に優れた成分が配合されているのか?!を全力でレビューしてきます!

結論から言うと、”凡シャンプー”っというのが私が使ってみた本音です。

めちゃくちゃ悪くはないんですが、この成分でこの使用感だったら市販でも良いなぁっと思ったり・・・

では一体どんな成分が配合され、どんな使用感なのか?解説してきます!

~当ブログ人気記事はコチラ!~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

【2020】パーマが長持ちするシャンプーBEST5を元美容師が発表します!

【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST5はコレだ!

【全4種比較】無印良品シャンプーの選び方とは?元美容師が全部使って解説!

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 【成分解析】シュワルツコフ ビオロジー アクア シャンプーの配合成分は優しい?

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルイセチオン酸Na、グリセリン、ヤシ油アルキルグルコシド、安息香酸Na、PEG‐40水添ヒマシ油、ヤシ油脂肪酸PEG‐7グリセリル、ポリクオタニウム‐22、クエン酸、パンテノール、サーマスサーモフィルス培養物、トリオレイン酸PEG/PPG‐120/10トリメチロールプロパン、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コムギタンパク、カラフトコンブエキス、加水分解ケラチン(羊毛)、カミツレ花エキス、ソルビン酸K、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス、β‐グルカン、乳酸、香料

どんなシャンプーでも言えることなんですが、もし、あなたが新しくシャンプーを購入しようか悩んでいる際はぜっったいに”配合成分”はチェックするようにしましょう!

いくら口コミが良かろうとも、あなたの髪質にあってるとは限りませんし、実はメチャ洗浄力が高い成分が入っているって事も結構あるんですよね(汗)

1ヶ月~と長期的に使うとどんな髪質になるのか?!を予測する為にもぜったいに配合されている成分はチェックしましょう!

長期的な使用感⇛成分解析をチェックする

短期的な使用感⇛口コミ、レビューをチェックする

っというわけでシャンプーで最も重要な”洗浄成分”からチェック。

洗浄成分

1、コカミドプロピルベタイン

最も配合量が多い洗浄成分がコレ。

500円程度から3000円超えのシャンプーにまで配合される、超ポピュラーな成分ですね。

ただ、刺激性が低く洗浄力もマイルドなので無難に良成分ではあります。サロンクオリティか?っと言われるとかなりビミョーではあるんですが悪い成分ではないですね。

2、ココイルイセチオン酸Na

私が大好きなアミノ酸系洗浄成分!ではあるんですが、アミノ酸系成分の中では洗浄力は強め。

一発でごわつくほどじゃないんですが、パサツキやダメージが気になる!って人向きではないかなぁ・・・

市販に配合されるような『ラウレス硫酸NA』などよりは優しいですが、他にもいくらでも洗浄力がマイルドなアミノ酸系成分はありますからね。

3、ヤシ油アルキルグルコシド

よく食器用洗剤にも配合される!と言われている成分がコレ。

刺激性は低いんですが、脱脂力が強いので強烈な油汚れを落とすために食器用洗剤に配合される事もある成分ではありますね。

確かに油汚れを落とす能力は高いんですが、頭皮や髪の油分を必要以上に脱脂すればパサツキや乾燥の原因になります。

そもそも、皮脂って人間の皮膚や髪を保護する為に分泌されていますからね(汗)

あくまでもサブ的に配合されているので、一発で脱脂される事は無い(ハズ)ですが、ここまで脱脂力が強い成分を配合する必要ないでしょ!ってのが私の考えです。

洗浄成分を総合的に見ると、、、低刺激&低洗浄力なベタイン系をベースに洗浄力がやや強めなアミノ酸系成分。脱脂力が強力なヤシ油アルキルグルコシドを+しているって感じですね。

一応、ビオロジーシャンプーはダメージケア的なシャンプーなんですが、ちょっと洗浄力強めって印象。

サロンシャンプーでヘアケア目的のシャンプーだったら、もっとマイルドな成分を配合して欲しい!ってのは正直なところですね(汗)

これよりもいくらでも、洗浄力がやさしぃぃ~市販シャンプーなんかもありますし・・・
【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST6を元美容師が発表します!

その他の成分解析

洗浄成分の時点で”イマイチ”っというのが本音なんですが、洗浄成分以外の保湿成分なんかも正直ビミョー・・・

『ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)』という補修成分は、毛髪のダメージ部分に吸着しやすいので、ツヤ感や手触り感向上は期待できそうではあります。

ペプチド(加水分解ケラチン)のN末端をカチオン化することで、痛んだ毛髪への吸着性を高め、毛髪に柔軟性と帯電防止能を付与します。
引用:ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン

他にも『加水分解ケラチン』などのポピュラーな補修成分も配合されているので、多少は手触り感向上は期待できるかなぁと。

ただし!ビオロジーならでは!っという補修成分が特に見当たりません(汗)

一応、βグルカンという植物成分が目玉成分っぽく書かれてはいたんです(なぜか今は書かれていない)

が、別にこの成分が髪や頭皮の質を向上させるという研究データなどは見受けられなかったです。


出典:シュワルツコフ公式ページ

うーん、、、ある程度保湿されるかな?くらいに考えた方が良さそう(汗)

補修、保湿成分に関しては『ペリセア』やら『リピジュア』なんかが配合されちえる市販シャンプーの方が優秀なのは間違いないかと。

ここまでのまとめ
・洗浄成分はベタイン系がマイルドだが、洗浄力強めな成分も。
・補修成分はそこそこ入っているが、サロンクオリティと言われるとイマイチ

【使用後レビュー】使って分かった!5つの本音

開封レビュー

っというわけで、成分解析だけじゃあ分からない、使用感や香り、泡立ち感などをレビュー!

パッケージデザインはスンゴイシャレオツぅぅです。笑 蓋がゴールドでスンゴク高級感アリ!

正直、パッケージデザインだけで言ったら、今まで使ってきた300種以上のシャンプーの中でも上位に入る!ってくらい好き。

シャンプー液はビミョーに白っぽい液体で、粘度は普通。

本音1、泡立ちはどうなの?

まずは泡立ち感ですが・・・至って普通な泡立ち感でした。

泡質はやや水っぽい感じではあるものの、シャンプーするのには困らないし、洗ってて気持ち悪さがあるわけでも無いです。

かと言って、スゴく気持ちいわけでもないですが・・・本当にTHE・普通な泡立ち。

本音2、シャンプー後の使用感は?

肝心のシャンプー後の手触り感ですが・・・

やはり脱脂力が強い成分が配合されているのもあってか、洗浄力が優しいぃぃアミノ酸系シャンプーと比べると、ギュギュッ!っと髪がツッパる感じがしますね。

月に1度カラーかパーマをする私でそのくらいツッパるので、ハイダメージ毛の人には間違いなく向かないかと。

ただ、ベタイン系がメインなので一発でゴワッゴワになるという事はありませんね。

本音3、香りはどうなの?

私が苦手なのが香り!外資系化粧品あるあるなんですが、ビオロジーシャンプーも外国人シャンプーなのか、香りがかなり強め。

オリエンタルな香りっと書かれて全く想像出来ないんですが、私の感じたのは化粧品みたいな香りです(汗)

たまに電車なんかにいる化粧品の香りが強い人的な香りに感じました。

女性は好きな香りかもしれないし、香りの好みは個人差があるので私が正しい!とは言えませんが、ちょっと香りは強すぎに感じる。

本音4、お試し用が1000円くらいで購入できる

Amazonなどのネット通販でお試し用が1000円くらいで購入可能。

もし、あなたがビオロジーシャンプー気になる!っと思ったら、いきなりボトルを購入するよりまずはお試しで買ってみるのもアリ。

本音5、トリートメントの使用感は?

ついでにトリートメントもレビュー!

至って普通なトリートメント液ですね。

もちろん成分もチェークッ!

水、セテアリルアルコール、炭酸ジカプリリル、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、ジステアロイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、ステアラミドプロピルジメチルアミン、セトリモニウムクロリド、アモジメチコン、フェノキシエタノール、クエン酸、メチルパラベン、ビスアミノPEG/PPG‐41/3アミノエチルPG‐プロピルジメチコン、イソプロパノール、パンテノール、ポリクオタニウム‐10、グリセリン、サーマスサーモフィルス培養物、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コムギタンパク、カラフトコンブエキス、加水分解ケラチン(羊毛)、カミツレ花エキス、安息香酸Na、ソルビン酸K、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス、β‐グルカン、乳酸、香料

ジメチコンというシリコンの成分がベースで、毛髪柔軟成分を各種配合。

この辺りは一般的な市販トリートメントとおんなじですね。ただ、シャンプーと同じく『ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)』やら加水分解~系の補修成分は配合されています。

成分表記を見ると後半に書かれているので、あまり配合量は多く無さそうですが、市販コンディショナーよりは、若干補修力も期待できるかな?と。

実際に使ってみると、まあ普通のシリコン系トリートメントって感じの使用感です。笑

特にしっとり感が強いわけでもなく、かと言ってサラサラ感が出ないわけでもなく、ふっっつーなトリートメントですね。

特に補修成分が良い!ってわけでもないので、カラー等の持ちが良くなる事は期待できないですが、普通なトリートメントが使いたい人ならありかなぁ。

【結論】可もなく不可もない、平凡なシャンプーでした。

このシャンプーがサロンクオリティか?!っと言われると正直微妙すぎるんですが、ダメシャンプーってわけでもなく・・・

本当に平凡なシャンプーってのが私が使ってみた本音。

ちょっと脱脂力が強い成分が気になるんですが、一応ベタイン系がベースだし、市販の粗悪なシャンプーよりは良いかなぁ。

とは言え、おすすめ!ってわけでもなく、「これだったら最近のクオリティが高い市販シャンプーでも良いよな」っとは思います。
【全部2000円以下】コスパ最強はどれ?市販シャンプーBEST6を元美容師が発表します!

市販シャンプーでもかなり!かなり!クオリティ上がってきてますからね。笑 正直、変なサロンシャンプーより市販の方がクオリティ高い事が多くなってきてます。

ビオロジーシャンプーも1500円くらいで買えるみたいなので、サロン系シャンプーにしては安めですが、あえてこれじゃなくても良い気がします。

っというわけでもし、あなたが「ビオロジーシャンプーを気になっていた!」っというなら参考の1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を紹介させて頂きます。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。

【コスパ最強はどれ?】300種以上解析した私が選ぶアミノ酸系シャンプーランキングBEST5

「これでダメなら諦めろ!」300種以上使った元美容師が選ぶオススメシャンプー3選はコチラ↓

1、⇛ダメージ&乾燥毛ならコレ!ラスティークディープセラムシャンプーを使った本音はコチラ!

2、本当にコスパ良いの?haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

3、コスパ重視なら最強クラスです。ハーブガーデンシャンプ―を使った本音はコチラ!

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

おすすめの記事